里山の秋

つるうめ20061006202815
いつも梅やお野菜をいただいている大山町のお宅へ。
4時に伺いますと言いながら、寄り道、寄り道。
結局45分オーバーしてしまいました。
つるうめもどきや、あけび、栗や柿、柿の葉など、
秋の産物は色鮮やかでこちらまで幸せな気持ちにさせてくれます。
つるうめもどきは、ちょうどこの時期に黄色い莢が裂けて赤い実が顔を見せます。
あけびは、紫色の実で木の実は熟するとパカっと口を開けたように割れます。
割れてしまうと商品価値がなくなるとききましたが、口を開けてないとさつまいもと間違えそう。
昔は割って中の実を食べてましたが、最近では料亭であけびの中に料理を入れているところも
あるようですから、田舎もんからすると、えっ中身はどうしたん?、と思ってしまいます。
田舎では「どこにでもあるから、お金を払ってまで食べるものではない」ものも、
都会の方々にしてみると「見たことないもの、知らないもの、珍しいもの」に。

そして「グルメブーム」の波にのると、付加価値が生まれ、栽培農家さんも増えます。

秋の山里の風情を演出してくれる果物として、
多くの方をそれが幸せにする産物ならすばらしいことでしょう。

そして和くらを彩ります。

コメント(2)
  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    祝☆ブログスタート!
    益々パワーアップする和くらのお手伝いをします!
    今夜は月が綺麗ですね~。
    庄手川縁に腰掛けてホットワインを飲みながら
    お月見してる今宵のWAKURA BARのお客様
    粋ですね~。分かってらっしゃる!
    新たな楽しみ方を教わりました。
    7日、8日もBAR IS OPENです!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    昨日の巨峰のキールは最高でした!
    あの後用意していただいたVIP席、
    中秋の名月の真下でのホットカクテル。
    贅沢な時間でした。
    途中用意していただいたブランケットも素敵。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です