26年目の和くら

25周年を過ぎ、
今日から「26年目」の和くらです。

出雲・物部神社にて、
1500年も前から斎行する、鎮魂祭(みたましずめ)。
宮中のほか3つの神社でのみとり行います。

その神事で使われました、
美男かずらと、日陰かずらをいただきました。

「鎮魂」と言いますと、霊を弔うための祭りとされますが、
本来はその逆で、活力を与える、復活を促す、甦る、
悪しきを払拭する、など、私たち、生きているものへの、
お祭りでもあります。

和くらも、それにあやかり、
活力を受け、励み続けて参ります。
これからも、よろしくお願いします。

たくさんの感謝と共に、有りがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です