掘り立ての筍は、
すぐに竈で焚かないといけません。
ここ数日、竈は毎日使用中。

夕暮れ時、煙突からの煙。
いつの時代も変わりません。

贅沢な山からの頂き物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です