望月通陽さんの額

装飾家の望月さんの作品です。
(和くらエントランスに飾っています。)

「忙」しいとは「心を亡くす」と言われます。
そんな時、「そのままでいい」と伝えてくれる柔らかい、
心の休まる作品に触れると、ホッとします。

今年4月に、大分市内に望月通陽さんのミュージアムができました。
企画/展示は望月通陽さんご本人がてがけておられます。
美味しいシフォンケーキのお店に併設されています。
是非行かれてみてください。

http://www.thecalypsopress.com/?p=71

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です