「鬼百合に揚羽蝶」(熊谷守一)

数年前、豊島区千早にある熊谷守一美術館を訪れ、
初めて本物を目にした時、本物の持つ力強さに圧倒されました。
<和くらに飾っているのは、リトグラフです。>

卓越した技術とか、確固たるスタイルとかいう芸術家の持つ
少々嫌みな部分が削がれ、色と単純化されたフォルム、面と線で描かれた画は、
「仙人」と評された守一のスタイルそのものなのだと思いました。

見れば見る程、あじのある一枚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です