右近さん

和くらの創業当時より個展や、和くらの器などで、
お世話になっていた右近さんが亡くなったそうです。

いつもふらっと立ち寄られ、
静かにコーヒーを飲み、一つ一つの作品を手にとる。

スペインや北鎌倉で作陶された後、
お母様の看病にと地元長崎に帰っておられました。
そのお母様より早くなくなってしまった。

去年の初盆の灯篭流しは、多くの方々が集まり、
それはそれは立派だったそうです。

またふらっといらっしゃりそうでなりません。

追悼 右近さんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です