バーナードリーチ展と土井善晴さんの講演

身になることがたくさん詰まった土井先生の講演。そして、「民藝」を司る、
柳、濱田、河井、棟方のプライベートな、
笑ましく、うなる写真の数々。
驚いたのは、
バーナード・リーチの弁舌に優れた日本語でした。
「小鹿田は良い」というリーチ、柳、濱田、河井の肉声。
小鹿田って深いなぁ。
寿ぐの1日でした。
関係者の皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です