お客様のお声「夏」 2013 その1

和くらでは、少しでも多くのお客様のお声をききたいと思っています。

そして、そのお声に少しでも答えたいと思っています。
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
M 様「静かで自然で落ちつき、前に来た時はもう一人先輩がいて、
1年前に亡くなったので、一緒に来たことを思い出しました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
T 様「独身の時は何度か来ました。
子供が大きくなり2人で来たのは初めてです。
変わらず雰囲気の良い、落ち着いた昼食が取れました。」
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

ありがとうございます。
胸が熱くなります。
また、ふらりと訪れてくださいませ。

25 歳を迎える「和くら」。
波瀾万丈の幼少期、周りに恵まれた学生時代、
成人を過ぎ、社会生活にも少しずつ慣れてきて、日常を謳歌している女性をイメージします。

『どんな時代であっても力を尽くして生きる』という『美』の蓄積が「歴史」であるなら、
その『美』のエッセンスを過剰に演出せず、
そのままに『感動』という花が咲くよう、届ける作業。

これが私達の業なのだと、思った初秋。

いただいたお声は、私達の道しるべです。

ありがとうございます。


秋晴れ。


彼岸花、栗とほおずき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です