WAKURA CAFE / vol.1 – すてーき茶寮 和くら|鉄板焼

カテゴリー: WAKURA CAFE / vol.1

WAKURA info.

おはようございます。
和くらの看板情報を詳しくお知らせです。

『デザートプレート』
和くらでは、ご予算に合わせて、
デザートの盛り合わせも承っております。
お誕生日や記念日のメッセージをお皿に書いて、
サプライズでお出しすることも!

『夜カフェ』
お食事はいらないんだけど、ちょっと飲みたい方に、
いつものカクテルメニューや500円のおつまみなども
ご用意ございます。大正の和蔵の中で、ゆっくりした
ひとときをお過ごしくださいませ。

『和くらカレー』1500円
ステーキに使用する上選、特選の和牛をカレーに使用しました。
牛のスジや、スジ周りのお肉はほろほろととける
上質な部位の一つです。たっぷりの野菜でスパイシーに仕上げました。

お待ちしております!

和くらカレー

始まりました。

「和くらカレー」。
ステーキのお肉の切り落としを使用し、
形がなくなるまで沢山の野菜とスパイスでコトコトします。
(形のあるお肉も上にのっています。)
カレー好きのお客様より、ずっとご要望がありました。
数年越しに、このたびデビューいたしました。
どうぞよろしくお願いします。

「和くらカレー」1,500円
<サラダ、クミンのピクルス、ヨーグルト、コーヒー付>

^_^

茶寮

お雛様のお目当てでいらっしゃる方も多く、

最近では、カフェのみのご利用もありがたいことに多くなっています。

毎朝セッティングをするのに、

今日は自然光がテーブルにあたって、とても綺麗だったので、

写真を撮りましたが、暗い…。

今、茶寮では「ヤマキチ後藤家のお雛様」の写真を展示しております。

和くらのショコラトルテ

和くらのショコラトルテデビューの日を迎えました。
なかには、食感が楽しい生チョコを加えて、しっとりとした逸品です。

川への階段

kaidan
和くらより、玄関を出て左へ行くと、
川へ出ることのできる、石の階段があります。
右へ行くと駐車場ですので、多くの方がこの階段に気づきません。

この階段は、大正時代に、川底の石を並べて作られたそうです。

アジがあります。

この階段を降りて、開放感を感じながら、
カウンターの窓掃除をするのも、僕の仕事です(石塚)。

お客様へきれいな夕日をお見せしたく、
今日も僕は磨きます。この階段を降りて。

和くらスウィーツレポートvol.1

20061011203750220061011203750
和くら茶寮処のショーケースはいつもよりどりみどり、
綺麗なスウィーツがそろっています。
僕のおすすめは、「ティラミス(400円)」。
チーズにもかかわらず、実にマイルドで、ミルキーで。

マスカルポーネが口の中でとろけてぇ、やわらかい生地が中からでてきてぇ、甘くない。
定番のココアパウダーにはエスプレッソをすこし加えて、、、大人の味に仕上げました。
二日間も焼いたり寝かせたりを重ねるという、手が込んでいる割にプライスレス。
ま、そんな宣伝はよしとして。。。
その方にもよられるし。価値観だし。僕的観ということで。

そういえば、この間別の所で食べたティラミスは、
ココアを自分で振りかける、という技を持ってましたっけ。

ティラミスってどうしてこんなにコーヒーと合うのでしょう。

あっ、ちなみに、この和くらのティラミスは期間限定の予定でしたが、
好評につき定番になりました品でもありました。

以上、「和くらスウィーツレポート.vol.1」でした。

Author:wakurar
大分県日田市・隈にある
鉄板焼ステーキの店
「すてーき茶寮和くら」。
大正6年の土蔵。
正面に沈む夕日。
平成元年open。
和くらからのお便りやお知らせ、
日田そして隈地区の情報などを
お伝えしていくブログです。

「すてーき茶寮 和くら」
〒877-0044
大分県日田市隈2-4-13
tel : 0973-24-2728
fax : 0973-24-2727

すてーき茶寮わくら