Blog – ページ 84 – すてーき茶寮 和くら|鉄板焼

アーカイブ

バースデーバース

「3日前までのご予約でバースデーケーキを承っております。」
この日は5歳の女の子のバースデー。

以前はお食事後のコーヒーの時に、スタッフみんなで歌ってたんですが、これも賛否両論。
「えっ・・・あの方にまで歌うのみんな・・・・・・・」
しかし、5歳ならきっと喜ぶはず!
はりきって電気を消してキャンドルだけにし、ハッピーバースデーを歌いました。

「ハッピバースデー ディーア・・・・・・お名前なんでしたっけ?」

以前、歌う前に名前を聞いとくことを学んだ僕たち。

今の季節のトッピングは「秋」がテーマ。大鶴の巨砲(巨峰ですが、おもしろかったのでこのままで)や、
栗やさつまいもを使ったシックなケーキが完成。
きっと5歳の子は、シックなんて望んでないはず。。。
次回は考えないといけませんね。
でもアンパンマンはできないなぁ。。。カラカラコローン(缶を蹴る音でした)

ちなみに、和くら合唱団による「バースデーソング」は、
お客様の状況によりますので、100%できるわけではありませんことを、一応伝えておきます。悪しからず。
そしてそして、お食事されない方でも、バースデーケーキのお持ち帰りは出来ますことも、
チラリと宣伝させていただいておきます。悪しからず。秋のバースデーケーキ

(さらに…)

柚子ごしょうは痛い

鼻がかゆく、いたい、目からも涙が。。。
ここは和くらの厨房。。。毎年この時期は、1週間ほど、こんな日が続きます。
なぜなら、柚子ごしょうを作っているから。
みんなは家に帰っても鼻の中が痛いそうです。タオルを顔に巻いて作業しますから、
厨房への来客は少々引き気味。窓をあけて換気もしながら、ひたすらすり鉢に向かうタッキー。遅くまでお疲れ様です。

早生の柚子と唐辛子、和くらは果皮、果肉、果汁も入れますのでより風味が増します。
ジュラ期の塩(ミステリアスな塩ですが)をブレンドして熟成。

ここ「大分県」というか「北部九州」では、むかしから作られている「胡椒」ですが、最近
にわかにメジャー級になっちゃって、柚子ごしょうもびっくりしてるでしょうね。
発祥は日田である、という話もきいたことありますが。。。

味噌汁や塩辛、冷奴、お刺身や、浅漬けにまぶしたり。
最近では都会の方々がさまざまな使い方をされているようで、なるほどと納得の逸品。
ゆずの香りと、青唐辛子の爽やかな辛味がなんとも言えません。
そしてお肉との相性も抜群です☆できたての柚子ごしょう

(さらに…)

1 82 83 84

すてーき茶寮わくら